スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むくろとカレーパン(ΦωΦ)

先日もお話したとおり、私はカレーパンが好きです(ΦωΦ)

カレーパンの「定番」といえばヤマザキパンのいわゆるカレーパンが定番だと思います。95円の、だいたいどこでも買えるアレです。
あれはいいものだ(ΦωΦ)
しかしながら、レンジで温めるとパンのほうがちょっとへにゃってなってしまうんですよね(´・ω・`)

最近ローソンで売っているビーフカレーパンはその点においてはなかなかよろしいです。揚げパンの生地がけっこうしっかりしているため、温めてもあまりへにゃっとならず、なかなかのショートストーリーを堪能できます。


そもそもカレーパンというものは東京都江東区にある「名花堂」(現:カトレア)が1927年に新案登録した洋食パンが最初とされ、当時洋食として人気のあったカレーとカツレツを元に作られたそうです。ロシア料理のピロシキによく似ており、ピロシキに着想を得て作られたとも言われています。wikipedia様ありがとう。

要するに、別にパン部分はああいう揚げパンじゃなくてもいいんですよね。

実は先日、「揚げてない」カレーパンを食したのです。
しかも、恐らくヤマザキパンの市販のパンでした。

なんかですね、特徴としては
・カレー部分はキーマカレー
・パン部分は揚げパンではなく、普通のパン
・キーマカレーの中の肉が普通においしい
こんな感じだったと思うんですが・・・

何かご存知の方、情報を探偵ナイトスクープ脳内妹症候群までお願いします(ΦωΦ)



さー、いよいよ一年半ぶりのデルタポップだ!!

コメントの投稿

非公開コメント

Site Menu
Newrest
Archive
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。